さぽろぐ

  日記・一般  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2010年01月21日

餃子用のし棒


以前餃子の皮を作った時に餃子用のし棒があればいいなと思った。
友達に作り方を教えてもらったとき餃子用の短い15センチくらいの
のし棒を使わせてくれた。
餃子用のし棒はその後買ったのだが実家に置いてきてしまった。
とても小回りが利いて狭いスペースでも使いやすかった。
中華街で見てみたが置いていなかった。
100円均一ののし棒を切って使っている方がいるのを知っていいアイディアだと思った。
確か百均から買ってきた物があったはずだ。
所要30分、この小さなのこぎりで切断成功。
あとはやすりをかけて仕上げよう。

私はわりと大工仕事も好きだ。
中学にあがって女子は家庭科、男子は技術。
男子が作る本立てなどいいな自分も作りたいと思ってみていた。

家庭科と言えば高校のときの話だ。
家庭科の先生はあの頃で50歳代の独身の女性だった。
みよと言う名前で私たちは影でみよばあと呼んでいた。
みよ先生は何かというとあなたたちは皆将来結婚して
母になるのですからと口癖のように言っていた。
結婚願望は全くなく中学の頃から独身宣言をしていた私。
高校生になってからはますます生意気になっていた。
みよ先生のこの口癖が気に入らずいつも盾を突いていた。
「私は結婚しません。」
「いいえ、します。」
「絶対しません。」
そのうちにみよ先生は
「Kemmiさん以外は皆結婚しますので」と言った。
今思うとなんて生意気だったのだろう。
そして先生は一生独身だったのになぜ生徒には結婚して母になれと
言い続けていたのだろう。  

Posted by kemmi at 00:53Comments(4)手作り

2010年01月11日

フリースの靴下


北海道にいた時、冬はフリースの靴下を愛用していた。
締め付けずゆったりして暖かいのが気に入っていた。
今年も靴下をはいていたらかかとが冷たい。
よく見ると両かかととも擦り切れて穴が開いていた。
それからフリースの靴下を探したがどこにも売っていない。
諦めていたのだがもしかしたら手作りできるかもしれないと思い
昨日インターネットで検索してみると手作りされている人がかなりいた。
ご丁寧に型紙もダウンロードできるようにしている人もいて
早速古くなったフリースを使って夫と私用に作ってみた。
フリースは端処理をしなくても切りっ放しでいいし
簡単に夫に一足、私に二足作れた。
やっぱり暖かい。
これでこの冬ものりきれそう。
夫も大喜び。
夫には色違いでもう一足作ってあげよう。

夫のメガネだが先週の土曜日にようやく眼鏡屋へ行けた。
夫が言っていた通り夫のフレームはもう製造されていなくて
結局新しいのを作ることになった。
子供の頃からメガネをかけている夫にとってはメガネは身体の一部。
お金がかかるのは仕方がない。
そのメガネができるのは今週の土曜日。
  

Posted by kemmi at 21:19Comments(7)手作り